主な登録項目
  (1) 室タイプ
  (2) 名 称
  (3) 定 員

などがあります。これらの項目を基にして空室状況表が作成されます。

さらに後述の改定情報があれば、その改定日付を見ながら空室状況を作成しますので、 期中や、月の途中からの改装などによる室数変更にも対応しています。

また、見積等料金に関するものとして、
  (4) 通常料金の設定項目
  (5) 休前日料金の設定項目
などもここで設定します。

見積料金の計算は現行ルーム情報、改定情報、期間料金情報の3つを見ながら 該当する日の料金を引き出して行なっています。