空室状況表の表示基準について

空室状態については「○」「△」「×」「-」の4種類があります。
このうち「△」については実際の空室数を表示するようにしています。

残りの3種類については

○  空室余裕有り。
×  満室。 (予約登録はできません)
-  未設定。(予約登録はできません)

室数表示基準数(△表示基準室数)については、ルーム基本情報登録で、室タイプごとに任意の数値を指定できます。
空室数がその数値以下になると△(空室数表示)になり0(ゼロ)になると×状態になります。

また、この状態は空室管理画面で実際の空室数に関係なく「△」「×」「-」状態に変更することもできます。

但し「○」や「△」状態に変更しても実際の空室数が0(ゼロ)の時は予約の登録はできません。